仲間が譲ってくれた海外医薬品|今は常にジェネリックは海外通販

インターネットで購入できる?海外医薬品とは

日本で医薬品を販売するにあたって厚生労働省が定めている薬事法というものが関わってきます。
しかし、海外医薬品とは日本国内においては個人で使用する場合のみ海外から輸入することができるのです。
代行サイトなどを通して購入することで、海外通販と何らかわりなく購入することが可能なのです。
特にインドではジェネリック薬品が多く流通しており、インドの製薬会社はジェネリックに力を入れているところが多いのです。
これは他の国の特許事情と異なっており、特許が切れていない医薬品でも同じ有効成分を使って開発することが可能なのです。
それに伴い、インドの多くの製薬会社がジェネリック薬品をたくさん扱っているのです。
これらの医薬品は貧困の激しい地域などに大変役立っており国境なき医師団などでもインドの医薬品をメインに使用しているのです。
先発薬に比べて後発薬はかなり開発コストを抑えられることから、販売価格も安くできるのです。
海外医薬品は他にもメリットがあり、医師の処方が無くても購入できるという事です。
海外通販で人気が高いのが、実はコンプレックスに対しての医薬品でED治療薬などがあげられます。
EDはれっきとした病気で以前に比べれば認知度は高いのですがまだまだ理解されているとは縁遠いのです。
他人に知られたくないと言って病院へ行けないという方は海外通販を利用することで誰にも知られずに手に入れることができるのです。
インターネットで手軽に購入でき、しかも値段も安いとなれば利用する方が必然的に多くなるのも分かります。
しかし、もちろんメリットだけではありません。
海外医薬品はもちろん海外の人向けの医薬品です。
日本人向けには開発されていませんので使用する際には注意が必要です。
バイアグラは日本国内では50mg以下のものしか販売してはいけませんが、海外では100mgのものでも販売されています。
初めて使用する人が100mgのものを使用すると体への負担が大きくなるかもしれません。
もし海外の医薬品を使用するときはすべて自己責任となってしまうので、必ず用法や用量を把握し、乱用などはしないようにしましょう。
薬はメリットだけでなくデメリットもあることを考えて利用しましょう。